FUEL 燃料資源
 燃やすことで熱を出すことができるエネルギー資源。
 いずれも作り出せるエネルギーの量が大きいのが特徴だ。

バイオマスによるメタンガス
 バイオマスとは「生物から作りだすエネルギー」のことで、植物や微生物などから作り出すエネルギーのことをこう呼ぶんだ。
 最近では、生ゴミを発酵させて作るメタンガス(燃える気体)を燃料として、発電する施設が注目されている。
 新潟県にも長岡市と村上市に2つ施設があるよ。長岡市の施設は大規模なもので今年の7月は本格的に動いているぞ。
 参考:一般社団法人新エネルギー財団

メタンハイドレート
 通称「燃える氷」と呼ばれていて、メタンガスが海底深くで凍ったものだ。
 燃やした時に出る二酸化炭素の量が、石油の約半分なので、環境負担が少ないと言われている。
 次なるエネルギーとして期待されていて、最近では日本海沖でも発見されているんだ。
 2020年代の前半には商業生産ができるかもしれないと言われている。
 参考:アイティメディア

海底油田
 日本では原油はあまり採れないと言われていたけど、実は日本の海の底にはたくさんの原油があるかもしれないことが最近わかったんだ。
 この春には、佐渡沖で見つかった海底油田の調査が開始された。成田空港10個分に相当する、ひろーい油田が眠っているかもしれない。
 なんだか夢のような話でわくわくするね。
 参考:朝日新聞デジタル

海底ガス田
 天然ガスは、他の燃料に比べて燃える時に発生する不純物(カス)が少ないクリーンなエネルギーなんだ。
 日本では、福島県にある磐城沖海底ガス田が有名。海底から取れるガスを約40kmものパイプラインを使って、本土まで持ち込んでいる。1984年から30年近くも生産されているんだ。
 新潟県では、南長岡ガス田や片貝ガス田などがある。新潟の海でも新しい海底ガス田が発見されているぞ。  参考:国際石油開発帝石株式会社