ELECTRIC 発電
 現在のエネルギーの主役である電気を作り出す方法。
 今までは、火力発電などによって燃料を燃やして電気に変えていたけど、燃料を燃やさなくてもよい方法が注目されているんだ。

太陽光発電
 太陽光発電は、光エネルギーから直接電気を作る太陽電池を利用した発電方式だ。
 太陽光発電のいいところは、自然のエネルギーを利用するために、なくなる心配がないことなどがある。
 新潟県でも、大規模な太陽光発電所が何か所もできているんだ。

地熱発電
 地熱発電は、火山の熱の力で発電する方法で、火山国である日本ならではの恵みを活かした発電方法だ。
 地熱発電のメリットは、天候に左右されず、昼夜を問わず安定した発電が期待できること。
 地下に掘削した井戸の深さは1,000~3,000mで天然の蒸気を常に噴出させているんだ。
 新潟県内では十日町の松之山温泉で、温泉の熱を利用した発電を行っている。
 参考:資源エネルギー庁

風力発電
 風力発電は、風の力で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて電気をつくる発電方式だ。
 資源が風力だからなくなる心配がなく、発電時に二酸化炭素を出さないなどのメリットがある。
 新潟県内でも多くの風力発電所が活躍しているので、海沿いを通る時は探してみてね。
 参考:中部電力

小水力発電
 小水力発電は、小さい川や農業用水路、水道用水路を利用した発電方式で、川の上流で水を取り入れて、水が落ちる力で電気をおこす。
 いままでの水力発電と違うところは、ダムを作らなくてもいいから環境への負担が少ないということだ。
 参考:中部電力