CONSERVTION 省エネルギー
 使うエネルギーを少なくするための方法。
 ちょっとした工夫で、エネルギーを使う量を減らすことができるんだ。

地産地消
 地産地消とは、地元で得られた農作物や水産品を地元で食べたり使ったりすること。
 運んでくるためのエネルギーが少なくて済むし、作った人を身近に感じることもできるんだ。
 参考:エコ検定テキスト

待機電力の削減
 待機電力とは、コンセントに接続された家電製品が、電源の切れている状態で消費する電力のこと。
 使っていないのに電気を消費するのはもったいない。
 家庭や企業の電力量の10~15%が待機電力と言われているから、しばらく使わない電化製品のコンセントは抜いておこう。

公共交通機関の利用
 自家用車は、他の乗り物とくらべてエネルギーを多く使うんだ。だから、電車やバスなどの公共交通機関を使えるときは、積極的に利用すると省エネルギーにつながるんだ。
 また、近いところへは、歩いたり、自転車を利用すれば、エネルギーをまったく消費せずに済むから究極のエコになる。

クールビズ・ウオームビズ
 クールビズは、かっこいい・涼しいという意味の「クール」とビジネスの「ビズ」からできた言葉だ。
 夏の冷房を控えめにして、軽装を推進する目的でできたんだ。
 クールビズの秋・冬版がウォームビズだ。厚着をして暖房を控えめにして過ごす、”働きやすく暖かく格好良いビジネススタイル”なんだよ。

クールシェア・ウォームシェア
 みんなでひとつの部屋や場所に集まって過ごせば、冷暖房は1ヶ所だけですむ。
 エネルギーの使用量を減らせるとともに、コミュニケーションが深まるから一石二鳥だ。
 みんなが別々の部屋でエアコンを使うなら、一つの部屋に集合しよう。それが、クールシェア・ウォームシェアだ。

清掃の実施
 冷暖房機器の清掃を行うことで、暖房効率・冷房効率が良くなるよ。
 みんなもストーブ・ヒーターの後ろ側や、エアコンのフィルターにほこりがたまっていたら、掃除をしよう!